Belient ITビジネス企業さま向け営業支援
有限会社ベリアント
   >> ホーム >> メールマガジン>> マメな会社は、よくモテる


――――――――――――――――――――――――――――――
マメな会社は、よくモテる
――――――――――――――――――――――――――――――


みなさん、今年のお正月は、いかがでしたか? お正月の楽しみの一つといえば、友人・知人から来る年賀状ですよね。

最近は、年賀状よりメールで挨拶するケースが多いみたいですが、いずれにしても、しばらくあってない友達から近況報告もらうのは嬉しいものです。

年賀状に限りませんが、人間関係をうまく保っていくためには、ある種のマメさは必要ですよね。個人としてのマメさも大事ですが、会社という単位でも、マメな会社でありたいものです。男性でも、マメな男性は女性によくもてるそうなので、「マメなもてる会社」になりたいものです。

わたしの知り合いの会社さんでも、マメな会社さんは、やはりお客さんに支持されているところが多いです。たとえば、とある会社さんは、月に1ぺん、イラストがいっぱい入った手作りのニュースレターを送ってくれるですね。私も毎月、こちらのニュースレターをいただいておりますが、いろいろな話題が満載で、本当に楽しみにしています。

弊社自体も、そうした定期コミュニケーションの一環として、地味ながらメルマガを発行しておるのですが、こうした情報配信をしている、とても、いいことが多いです。

一番うれしいなと思うのは、久しぶりに会う方でも、弊社の近況をちゃんと知っていてくれていること。こちらは、ひさしぶりだなと思っていても、先方は、ちゃんとメルマガ読んでくれてるから、話がはずみます。

ニュースレター、メルマガなど手段はいろいろですが、会社として、定期的に情報発信する仕組みは、やはりほしいところですよね。

弊社のお仕事として、お客様の営業の支援をさせていただく中で、とても大きな課題だと感じることが、フォロー不足で「死んでしまっているお客さん」が、すごく多いことです。

過去に取引があったお客さま、問い合わせがあったお客さま、いろいろ種別はありますが、せかっくのお客さまが死んてしまううのは、大きなダメージですよね。

たしかに、現場の営業マンが、マメにフォローできればいいのですが、営業マン個人にすべて期待するのではなく、会社全体の仕組みとして考えるべきかと感じます。人間は、3ヶ月会わないと忘れる生き物だそうですから、すくなくとも3ヶ月に一度は、なにかこちらから情報発信するような仕組みづくりをしたいものですね。

今回は、年賀状のシーズンということもありましたので、「マメな会社はよくもてる」というテーマで、書いてみました。 ご意見、ご感想お待ちしております。


Copyright 2003-2008 Belient, Inc. All rights reserved.