Belient ITビジネス企業さま向け営業支援
有限会社ベリアント
   >> ホーム>> メールマガジン>> 短所を長所に変える



―――――――――――――――――――――――――――――――
短所を長所に変える
―――――――――――――――――――――――――――――――

先日、ちょっとおもしろいものを通販で買いました。

卵かけご飯専用 しょうゆ「おたまはん」という醤油です。



なんで、こんなものに興味をもったかというと、別に 卵かけご飯が大好物というわけではないんですね(笑)

実は、とあるメディアで、紹介されていたので、すごく興味をもってしまいまして、この しょうゆが、ちょっとした隠れた ヒットらしんです。(とても人気商品で、品切れが続いていて、わたしも、2ヶ月待ちで買いました)

発売元は、島根県の山間にある吉田村という村にある「ふるさと吉田村」という会社。官民一体の、いわゆる第3セクターです。

↓ふるさと吉田村のHP
http://www.y-furusatomura.co.jp/index.html

世の中的には、第3セクターって、かなり経営的に厳しいところが多いようですが、ここは、毎年 すごく利益をだしていて、日本中から注目されているらしいんですよね。


わたしの実家も、プロフィール上は、函館としていながらも、実は、函館からバスで2時間かかるド田舎なんですね。

ですので、身にしみてわかるんですが、田舎は、人も、金も、モノもない三重苦みたいなところあるので、田舎の企業が、世の中にアピールするのってほんと難しい。

でもこの、ふるさと吉田村をみてて思うのは、逆に「田舎」であるという短所を、うまく長所に変えてるな〜と、いうことです。

ド田舎の企業が、世の中に唯一アピールできるポイントがあるとすると、やっぱり、「ド田舎であること」ですもんね。都会の企業と、まともの勝負したって、そりゃ勝ち目がない。

実際、ここのHPをご覧いただくとわかるんですが、「おたまはん」はじめ味噌、しょうゆといった昔ながらの食品を、手作りにこだわって作っている、まさに自然派志向。

HPでは、商品の製造工程が写真入りで紹介されてたり、原料の生産農家のおじさんの紹介があったり、はたまた一見関係ないような地元ネタ(祭りだとか、なんだとか)の紹介がされてたりと、ローカルな魅力たっぷりです。

こういうのが、いまどきの自然派志向のユーザーに受けてるんでしょうね。値段は多少お高め(しょうゆが、小瓶で300円)ですが、その値段分の付加価値は、十分 あるんだろなと。

うーん、なかなか勉強なりますね。

世の中、なんでもそうですが、商品を販売していく上での障害というか、短所って、たくさんありますよね。

ここのふるさと吉田村の場合だと、大量に生産・販売できる資本がないとか、CMしてるわけでもないので世の中への認知度がほとんどないとか、いろいろ。

私たちが日々、商品を販売していく上でも、短所を数えだしたら、いっぱい出てくる。100点満点の商品なんて、現実にはなくって、どんな商品にも、なんらかの短所があるんではないのかなと。

でも、そういう短所は、実は、発想を変えると、すごい長所になりうる可能性があるんだな〜なんてことを、「おたまはん」で、卵かけご飯を食べながら、ふと感じたりしました。

とまあ、今回は、ちょっとした通販ネタで書いてしまいましたが、みなさんも、ぜひ「おたまはん」お試しいただいてはどうですか?(お味も、これまたマイルドで、おすすめですよ)。


Copyright 2003-2008 Belient, Inc. All rights reserved.