Belient ITビジネス企業さま向け営業支援
有限会社ベリアント
   >> ホーム>> メールマガジン>> 危機を乗り切るリーダーシップ



――――――――――――――――――――
「危機を乗り切るリーダーシップ」
――――――――――――――――――――


先日、六本木ヒルズで、吉野家の社長さん(安部修二さんという社長さんです)のセミナーがありまして、ちょいと参加してきました。(去年の暮れぐらいに、カンブリア宮殿というテレビ番組に出てたので、ご覧になった方も多いのでは)

最近、あまりセミナーに出ることも少ないんですが、テレビに出てる安部社長をみて、「こりゃ立派な社長さんだな」と思ったので、お小遣いをはたいて、参加してまいりました。(ちなみに、こちらの社長さんは、現場のアルバイトから、社長にまで出世した方だそうです。がんばれば、アルバイトでも社長になれるん
ですね。)

それで吉野屋の安部社長のお話で、何を一番 聞きたかったのかといえば、やはり先日のBSE問題のときの対応のくだりです。皆さんもご存知だと思うので、詳細は割愛しますが、まあ、あのBSEショックは、牛丼屋にとっては、メガトン級のショックでした。

他社が、国産やオーストラリア産の牛肉に、簡単に切り替えていくなか、吉野屋だけは、「うちの味は、米国産の肉でしか出せないんだ!」と、一切 牛丼はださず、それまで売ったことのない牛丼以外の商品で、あえて勝負しようとする姿勢が、「なにやら男前だな〜」と。

でも普通に考えて、「明日から売るものなくなります」なんてことになったら、そりゃ大変だなと。わたしが同じ立場なら、現実逃避して、山ごもりしちゃうかもしれません(笑)。でも、そういう危機にぶつかったときにこそ、本当のリーダーの資質が問われるんでしょうね。

本当に勉強になるセミナーでしたが、実は一番、印象に残ったのが、安部社長の「なんとかなるさ」的なお気楽な雰囲気というかなんというか。(もちろん本人は、お気楽でないんでしょうけども、そういう雰囲気をかもし出すところがすごいですね。)

本人いわく「危機に直面したときに、ダメになってしまう最大の原因は、内部の混乱であり、内部の崩壊なんです。どんな状況でも、みんなが一致団結していれば何とかなるもんです」だそうです。お気楽とは、ちょっと違うかもしれないですが、危機に面しても、リーダーは、バタバタせず、常に自信をもっていないと
ダメなんだろなと。

とはいえ、いくらリーダーが自信満々でも、やっぱり社員の皆さんは、「うちの会社大丈夫なのかな?」なんて、不安がります。この点について、参加者のみなさんから、さらに質問がありました。

「リーダーの思いや情熱をメンバーに伝えるには、どうしたらいいですか?」という質問でしたが、これは、興味がある質問ですね。

私も、メモを片手に、「いったい社長は、何をいうのかな」なんてワクワクしていたら、なんとまあ、非常にあっさりとした答えでしたよ(笑)。

「メンバーと、ちゃんと話しをすることですね」だそうです。

あまりに、あっさりとした話しで拍子抜けするところでしたが、「それって、とても大事なことかも・・・」と。

安部社長いわく、「リーダーは、メンバーそれぞれと、きちんと向き合って話さないといけない。それぞれ、仕事をしていく上でのモチベーションが違うんだから、頭がしびれるぐらい考えて、きちんと向き合わないといけない」んだそうです。「これは、どこの教科書にも書いてませんよ」といってました。

社長は、当然、役員や役職者と向かい合うし、役職者は現場のリーダーと、現場のリーダーは一般社員やアルバイトと、きちんと向き合う。そういう文化が吉野家にはあるようです。

たしかに、世の中にはリーダーシップの書籍やセミナーも溢れていますが、「メンバーと、ちゃんと話しをしてますか?」なんてことは、基本的なことすぎて、誰も教えてくれないかもしれませんね。リーダーシップというと、すごく大げさなもののように感じますが、結局は、メンバーの皆さんと、向き合って話しをする以外にないんですね。

リーダーが、メンバーとちゃんと向き合って話しをして、リーダーの思いを伝え、ひとりひとりのモチベーションをあげていく。そういう努力の結果として、はじめて「みんなが一致団結すれば何とかなる」という強い連帯感がうまれるのかなと。

たかが牛丼、されど牛丼。たいへん勉強になりました。今度、牛丼をいただくときには、正座して、ありがたくいただかせてもらいます。(牛丼ばんざい!)

Copyright Belient, Inc. All rights reserved.