Belient
ITビジネス企業さま向け営業支援
有限会社ベリアント

   >> ホーム >>メールマガジン >>バックナンバー Vol. 81 (2009年冬号)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベリアント四季報 〜IT営業実務のヒント〜 (2009年冬号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

年の瀬も近づき、これからいよいよ忘年会シーズンですね。
ある意味、営業マンにとって、一年で一番忙しいシーズンかもしれません(笑)

私自身も、友人・知人や、お客さまと、日々、夜の部を一緒させてもらってますが、最近の若い人は、あまりお酒飲まない人も多いみたいですね。

しかも、ビールが、ほんと人気がないとか。ちなみに以前、とある雑誌で読みましたが、「とりあえずビール」というのは、確実にオジサマ文化だそうです。若者だけで飲むときは、男性でも、最初から、「カルピスサワー!」とか言うらしいですから、時代も変わりました。

そんなお酒を取り巻くジェネレーションギャップについて、知り合いの営業部長さんから、マジメなお悩みをいただいたりしたので、すこしメルマガネタにしてみました。

また、「おすすめサービスコーナー」では、セキュリティ専業でやられている友人の会社さん(株式会社インフォセック)から、昨今、いろんなところで大きな事件や事故がおこっている個人情報漏洩がらみで、昨今のお客さんのニーズについて伺ってきました。

ぜひお時間のある際に、お読みいただけたら嬉しく思います。


---------------------------------------------------------------------
【目次】

(1)コラム:「お客さまとの対話の場」

(2)おすすめサービスのご紹介

  (個人情報保護対策)セキュリティ診断サービスのご紹介
   株式会社インフォセックさま

(3)弊社 営業情報

 1)「弊社 営業情報Web」更新のお知らせ
 2) 「弊社サービスのご案内」

---------------------------------------------------------------------



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(1) コラム 「お客さまとの対話の場」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

これから年末年始にかけて、まさに忘年会、新年会シーズンですが、われわれ営業マンにとっては、まさに獅子奮迅の大活躍の時期です(笑)。

そういう意味では、営業マンは、お客さんと飲み歩くのが当たり前とか思っていたんですが、先日、とある会社の営業部長さんから、こんなお悩みをいただきました。

彼の部下もそうらしいですが、特に、20代くらいの若者たちは、ほんと、お酒を飲まないらしいですね。まあ、会社帰りの一杯につきあわないのは、しょうがないとしても、お客さんとの飲みの場に、あまり行きたがらないようなんです。たしかに、それはそれで、上司としては悩ましいですね。

その部長さんいわく、先日、こんなことがあったそうです。部長さんが、取引先と食事をする約束をしたらしく、若い部下の子に「○○君、今度、お客さんと飲むので予定を開けといてね」といったところが。。。

若者いわく、「部長、わたしは、昼間の営業で成果をあげたいので、夜は、ご遠慮いたします」といったとか、いわないとか(笑)

さらには、「夜に営業するのは、ちょっと古臭いですし、あまり効率的とは思えませんが」と言われちゃったらしいです。私も、驚いちゃって、「そんなのは、クビでしょう!」と言ってしまったのですが、どうも他の方の話を聞いていても、多かれ少なかれ似たような話はあるよう
で。うーん、飲みニュケーションは、彼のいうように、古臭い非効率な文化なんでしょうか
ね?

そんな話を聞いたあと、新聞を読んでたら、面白い記事をみつけました。

新聞の記事いわくですが、最近、海外で日本的な飲みニュケーションへの感心が高まっているようで、日本語の「場」が、海外で「BA」として非常に注目されているのだとか。

海外の皆さん達にとって、「BA」とは、お互いの状況を深く理解して、もっと議論を深めるための「対話の場」としてとらえられているようで、「日本の企業に学べ!」ということで、企業でも積極的に取り入れるところが増えているんだそうです。おもしろい話ですね。

たしかに、「飲みニュケーション」とか、「接待」とかいうと、すごく古臭い感じがしますが、英語で「BA」みたいに言われると、なにやらトレンディーな感じもしませんか?(笑)。

なので、もし皆さんも、部下の若者に「接待は、ちょっと。。。」みたいに渋られたら、「君、知らないの? いま海外で流行の“BA”だよ。トレンドだよ。」なんて、言ってみたら反応が変わるかもしれませんね(ほんとかな。)

ということで、ほとんど、笑い話になってしまいましたが、マジメな話をすれば、営業にとって、お客さんの本音を知るための場をもつことは、やはり大事なことです。そのための機会として、昼間よりも、夜のほうが都合いいのであれば、若い営業マンの方にも、どんどん積極的に取り組んでいってもらいたいものだなと感じます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

(2)(個人情報保護対策)セキュリティ診断サービスのご紹介
    株式会社インフォセックさま

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここにきて、某都銀さんや、某外資の保険会社さんで、大きな情報漏えい事件があったりした影響もあってか、あらためて情報セキュリティのビジネスニーズが高まっているようです。

今回は、そんな情報セキュリティ対策を専門におこなっている知人の会社さんのセキュリティ診断サービスのご紹介などを。

*知人の会社は、こちら(株式会社インフォセックさん)
http://www.infosec.co.jp/index.html

*セキュリティ診断サービスのご紹介ページ
http://www.infosec.co.jp/service/system/03/index.html


同社は、三菱商事さんの子会社ということもあり、三菱系を初めとした上場会社さんの仕事が多いようではありますが、最近は、ネット通販の会社さんや、現場のソフト開発業者さんからの引き合いが、すごく増えているそうです。

特に、ECサイトを提供している企業は、規模の大小に関わらずセキュリティ対策が必須になっているようで、それにともなって現場のソフト開発業者さんからの引き合いが増ている模様です。(そういえばプロ野球チームを持ってる大手ECサイト「楽×」さんあたりでも、最近、いろいろありましたね。)

知人の開発業者さんも、同じようなことを言ってたのですが、最近は、納品物に対して、セキュリティ的な品質保証を、エンドユーザさんから求められることが多いそうで、そういう場合は、ある種の客観性も必要でしょうから、インフォセックさんのような専門会社さんへの相談がいくということだと思います。

また同社では、ネットワークセキュリティ、Webセキュリティ、DBセキュリティというように分野ごとのセキュリティ診断体制をもっているのですが、それぞれの市場感についても、ちらっと伺ってきました。

お客さんからの引き合いとしては、Webセキュリティ(アプリケーションセキュリティ)についての相談が多いようですが、実際のところ、多くの情報漏えいは内部からのものなので、実際に診断を行う場合は、内部のネットワークセキュリティについてチェックすることが多いとのこと。

DBセキュリティについては、実際のところは、これからのようですが、JSOXの一環としてモニタリングするということで、今後ニーズが増えてきそうというお話でした。

ビジネス的なお話でいうと、価格的には、お客さんの持っている情報資産の重要度や範囲によって変わりますが、予算的に30万程度から、ご相談可能とのことでしたので、もし皆様の会社さまでも、ご興味いただけるところありましたら、担当さんを直接ご紹介しますので、お気軽にお声がけください!



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(3)ベリアント営業情報のお知らせ
  
  1)弊社「営業情報Web」更新のご案内
  2)弊社「IT企業さま向け営業支援メニュー」のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

------------------------------------------------- 
1)弊社「営業情報Web」更新のご案内
-------------------------------------------------

弊社のメルマガで過去にご紹介させてもらった商品、サービスについて
「営業情報Web」として情報提供しております。

どちらの会社さまも、日々密にお仕事させてもらっている会社さまですので
営業的にご興味がある会社さま、コラボをしたい会社さまなどがありました
ら、お気軽にお声掛けください。(担当者さまを、直接ご紹介させていただ
きます)

*ベリアント営業情報Web (2009年11月26日更新)
 http://www.belient.com/sales_info/index.htm


------------------------------------------------- 
2)弊社「IT企業さま向け営業支援メニュー」のご案内
-------------------------------------------------

弊社、IT企業さまに特化して、営業活動の実務支援を行っております。

現在のサービス内容は、下記となりますので、「自社の営業を、より強化
したい」という際には、お気軽にお声がけくださいませ。

*各サービスの詳細については、弊社 HPをご参照ください。
 http://www.belient.com/service/service.htm

【サービス内容】

 @IT企業さま向け営業実務支援コンサルティング
 AIT営業スタッフ研修
 BIT関連 営業アウトソーシング
 CIT系 営業スタッフ採用支援

Copyright 2003-2010 Belient, Inc. All rights reserved.