Belient
ITビジネス企業さま向け営業支援
有限会社ベリアント

   >> ホーム >>メールマガジン >>バックナンバー Vol. 84 (2011年 春号)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベリアント四季報  (2011年 春号) 

〜季節に一度、御世話になっている皆様へお送りさせて頂いております〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

震災後、初のメールマガジンとなりますので、今回は、そうしたテーマに関連した話題を書かせていただきましたが、日本人として、前向きに頑張っていきたいものですね。

私自身、今回、友人と協力して支援物資を送るボランティアなどを経験させてもらいましたが、そうした活動を通して、とても多くのことを学ばせていただきました。

小さい規模ではありますが、知人の企業さんや、個人の皆さんから、支援物資をいただき、それを現地に送らせていただく活動に参加させてもらいましたが、皆さん本当に暖かい方々ばかりですね。

たとえば洋服メーカーさんは、「在庫にある洋服全部もっていってください」とか、農家の方からは、「お米たくさんもってきました」といって食料を寄付いただきました。また、個人の方々からも、「とりあえず家にあるものをもってきました」といって、衣類や、食料などを、多くの物資を寄付いただきました。

普段はあまり感じることがないのですが、みなさんの助け合いの精神に、本当に学ぶところが多かったです。

今回のメルマガでは、IT業界にいる人間として、こうした災害におけるITの役割や課題などについて、少し書かせてもらいました。

また、おすすめ商品のコーナーでは、友人の会社さん(デジターボさん)で販売されているセキュリティ(インシデント、資産)管理のソリューションについて、情報提供させていただいておりますので、あわせてお読み頂けたら嬉しく思います。

今回の災害は、IT業界にかぎらず、かなりインパクトは大きいと思いますが前向きにとらえて、チャレンジしていきたいものですね。


---------------------------------------------------------------------
【目次】

(1)コラム 「災害時におけるITの役割と課題」

(2)おすすめ製品のご紹介

   セキュリティ(インシデント、資産)管理ツール
  「SPECTATOR」(スペクテイター)
   株式会社デジターボさま
  
(3)弊社サービスのご案内

---------------------------------------------------------------------



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(1) コラム 「災害時におけるITの役割と課題」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回の地震は、まさに未曾有の大災害でした。。。 いまだ苦しんでおられる被災地の方も多い中、まだまだ振り返る時期ではないのですが、IT業界にいるものとして、こうした災害に対して、ITが、どんな形で役に立てたのか、あるいは何が足りなかったのかということについて、感じたことを書いてみたいと思います。

私地震、阪神大震災のときに、ちょうど大阪にいたので、どうしてもその時と比較してしまうのですが、当然ながら、あの当時と全く違うのは、インターネットなどの情報手段の発達と、それを受け取る携帯などのモバイルメディアの普及があるかと思います。

当時、私が、大阪で震災にあったときには、まだネットや携帯が普及前でしたので、正直、いったいどこで何がおこっているのかをつかむことが難しく、いたずらに右往左往した記憶が残っています。

それが今回は、(皆さんそうだと思いますが)地震が起こった瞬間から、全員が全員、まずは携帯でニュースをチェックして、「なにがおこってるの?」ということを把握できたので、その後の行動も、ものすごく冷静だったと思います。(当日は、私も帰宅難民になってしまったのですが、みなさんが整然と並んで帰路につく姿をみて、とても心強く感じました。)

さらに今回の経験でいえば、個人的には、ツイッターに非常に助けられたところが多いです。正直いって、私自身は、IT業界にいながら、今までツイッターを使うことが余りなく、「そこまでリアルタイムな情報って、本当に必要なの?」と、少しアンチなところがあったのですが、こうした災害時には、まさに、現場レベルのリアルタイムな情報が必要なんだとということに、気づかされました。

皆さんもそうだと思いますが、地震当日、電車が動かず、どうしたもんかというときに、やはりJRや、地下鉄のオフィシャルページの情報を見て動きますよね。ただ、本来の電車の運行状況はどうかというと、正直ほとんど、わからない(当てにならない)ところがありましたよね。

というのも、みなさんが、携帯で同じニュースを見て動いていたので、たとえば、「上野で電車が動いた!」という発表があると、それを見た人々が、一気にどっと駅に流れこんでしまって、電車がとまっちゃったりとか。

そんなときに、一番、役立ったのが、ツイッターでした。たとえば、「上野駅」みたいな検索をすると、「すごい人で、ホームに入れません!」みたいな情報が、何より正確かつスピーディーに入手できることに驚きました。特に、こうした災害時には、私達一人ひとりが発信する現場レベルでの情報が、とても大切なんだということに、改めて気づかされました。

ただ今回の災害で、「何かもっと違った仕組みがあれば、もう少し被害も少なくできたのでは?」と個人的に感じる部分もありました。特に、これだけ情報手段が発達しており、子供からお年よりまで、みんな携帯を持ち歩いているにもかかわらず、津波の被害を防げなかったことは、今後の大きな課題かと思います。

皆さんの手元にも、今では、かなりリアルタイムに、ドコモさんなどの携帯キャリアから「地震速報」メールが届いているかと思いますが、こうした連絡体制のレベルアップは、大きな課題かと思います。また、通信キャリアにのみに頼るだけでなく、政府や自治体が主導になった形での情報提供や、連絡体制というのも、もっと考えないといけないテーマですね。

まだまだ困難が続く状況ではありますが、単にITという面にかぎらず、今回の反省点をいかし、よりよい新たな社会の仕組みを作っていけるように、皆で力を合わせて頑張っていきましょう。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

(2) おすすめ製品の紹介

   セキュリティ(インシデント、資産)管理ツール
   「SPECTATOR」(スペクテイター)
   株式会社デジターボさま

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は、友人が営業の責任者をしている会社さんのセキュリティ管理(資産管理)ツールのご紹介をさせてください。

ご紹介させていただくのは、デジターボさんという会社さんで、業務ソフトの開発のほか、教育ソフトや、ゲーム開発なども展開されているユニークな会社さんです。(中でも、ゲームが、かなり有名なので、そちらの業界に詳しい方には、おなじみかもしれません)

*デジターボさんHP 
 http://www.digiturbo.co.jp/

こちらの会社さんが、企業向けに展開しているソリューションの一つが、今回ご紹介の「SPECTATOR」(スペクテイター)です。

*セキュリティ(インシデント、資産)管理ツール「SPECTATOR」(スペクテイター)
 http://www.spectator.jp/


セキュリティ管理といっても各種の分野がありますが、こちらのソリューションは、具体的には、「インシデント管理、資産管理」になります。(もともとは、スラエル製の商品ですが、デジターボさんが、日本向けに各種カスタマイズ等をされて、ご販売されていらっしゃいます)。

下記は、営業担当さんから頂いた情報ですが、下記のようなことを実現するソフトです。

 ◆インシデント管理
 ・ウイルス対策の不備を監視(未導入、未稼働、未更新)
 ・ファイル共有ソフト、不正ソフトの監視
 ・USBメモリ、外部記憶装置の利用を監視、警告、制御
 ・OSのアップデート状況を監視、更新

  ◆IT資産管理
 ・ハードウェアの棚卸し(PC名、型番、シリアル、スペック)
 ・ソフトウェアの棚卸し(ソフト名、バージョン、シリアル)


営業担当をしている友人に、「他社製品に比べて、どこらへんが売りですかね?」とお聞きしたところ、一番の特徴は、「クライアントに専用ソフトを入れる必要がない」点とのことでした。

たしかに、世の中には、いくつか同種のセキュリティ管理ソフトがありますが、クライアントに専用ソフトを入れるタイプがほとんどかと思うので、その部分は、とても便利ですよね。

業種的には、金融・生保・製造業などでの導入が多いようですが、最近は、その他の業種からも幅広く引き合いがきているとのことです。

皆様の会社さまでも、自社のソリューションとして、こうした分野にご興味がある場合は、ご担当さまを、紹介させていただきますのでお気軽にお声がけくださいませ。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(3)弊社「IT企業さま向け営業支援メニュー」のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


弊社は、IT企業さまに特化して、営業活動の支援業務を行っております。

また最近は、実案件にひもづいた技術系のプロジェクト支援のお仕事も増えてきておりますので、また改めて、情報や事例などは整理してお知らせしたいと思っております。

*各サービスの詳細については、弊社 HPをご参照ください。
 http://www.belient.com/service/service.htm

【サービス内容】

 @営業支援コンサルティング
  (現場の営業強化を後方から支援)

 A営業スタッフ研修
  (提案力、プロマネ力アップ等の研修提案)

 B営業アウトソーシング
  (現場の営業実務をアウトソースで支援)

 Cスタッフ採用支援
  (IT関連の営業、およびSEの採用支援)


Copyright 2003-2011 Belient, Inc. All rights reserved.