Belient
ITビジネス企業さま向け営業支援
株式会社ベリアント

   >> ホーム >>メールマガジン >>バックナンバー Vol. 88 (2018年 春)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベリアント四季報  (2018年 春号) 
〜季節に一度、御世話になっている皆様へお送りさせて頂いております〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

みなさま、こんにちは。
ベリアント田中です。

今回のメルマガですが、コラムとして、知り合いの飲食の方から教えてもらった
「お客さんが集まるところに、人が集まる」というお話をを書かせてもらいました。

お時間ある際に、お読みください。


---------------------------------------------------------------------
【目次】
(1)コラム 「お客さんが生み出す、にぎわいと活気」

(2)弊社 営業実務支援メニューのご紹介

---------------------------------------------------------------------

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(1)コラム 「お客さんが生み出す、にぎわいと活気」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

みなさん、「ステマ」という言葉は、ご存知ご存知でしょうか? 「ステルスマーケティング」の略ですが、Wikipedeiaによると、 「消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること」になります。

たとえば、芸能人が、自分のブログで、お金をもらって商品の宣伝するのもステマになると思いますが、そこらへんは賛否両論ありますよね。

言葉的に、「ステマ」というと、目新しく感じますが、いわゆる「サクラ」になろうかと思います。

「サクラ」といえば、以前、こんな経験ありまして。有名な外資のアパレルショップ(洋服屋さん)が、日本に進出した際に、何やら、すごい行列ができてたんですね。自分も「とりあえず、並んどけ!」とばかりに、1時間以上も並んじゃったんですが、でもあの行列も、その筋の方に聞くと、結構な数のサクラがまじってるとか、いないとか。

もちろん、ステマや、サクラみたいな方法は、ちょっとズルい感じがしちゃいますが、マーケティング的には、「人が集まるところに、さらに人が集まる」というのは真実なので、考えさせられるテーマですよね。

私の知り合いで、赤坂でイタリアンのレストランをやっている方がいるんですが、その方いわく、「飲食は、混んでてお客さんが、入れないぐらいが一番いい」んだとか。(逆に「無駄に店を広くすると、つぶれる」とも。)

実際、その方のお店も、いつもお客さんでいっぱいで、店に入れなくて帰っちゃう客も、大勢いるんですよね。私なんかから見ると、「お客さん逃がすなんて、もったいない」とか思うんですが、その方のいわく、「それ以上に、お店にとっては、にぎわいや活気の方が大事」だそうです。面白いですね。

こうした販促方法は、IT業界でも、いろいろなアイデア考えられそうですね。

実際、私の知人の会社さんなんかでも、「お客様の声」みたいなものを、たくさん集めてホームページに掲載したり、無料セミナーや、無料サービスを、どんどんやって、「まずは、お客さんに集まってもらう」ことに努力されてらっしゃっるところがあるんですね。

そういう会社さんは、「人が人を呼ぶ」というのを理解されてて、営業に生かされてるんだろうなと思います。ここらへんは、いろいろアイデアありそうですね。

ということで、ステマやサクラというと、ちょっと怪しいイメージが出ちゃいますが、「お客さんが集まる場」や、「にぎわいや活気」というのは大事なテーマだなと思うので、また機会をみて、続きを書きたいと思っています!



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
(2)弊社 営業実務支援メニューのご紹介
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

IT企業さまの営業支援を目的とし、営業コンサルティングを中核に、各種支援サービス
を提供しております。

現在のサービス内容は、下記となりますので、「自社の営業を、より強化したい」という際には、お気軽にお声がけください。

*各サービスの詳細については、弊社 HPをご参照ください。
 http://www.belient.com/service/service.htm

【サービス内容】

 @IT営業支援コンサルティングサービス
 AIT研修サービス(営業、技術スタッフ対象)
 BIT技術プロジェクト提案支援

――――――――――――――――――――――――――――――
発行元:株式会社ベリアント
発行責任者:田中雄志
http://www.belient.com/
Tel:03-5650-0730
――――――――――――――――――――――――――――――



Copyright Belient, Inc. All rights reserved.